HISTORY

1936 4月10日、大阪市東住吉区で生まれる。
1940 中耳炎を患ったこともあり、外で遊ぶことよりも、絵を描いて遊ぶことが多かった。落書きしたものを母が綴じてくれて、はじめての作品集ができた。
1943 大阪市住吉区長池国民学校入学。戦時中のため体育教育が盛んだったが、運動はまるで苦手。絵や工作もあまり得意ではなかった。
1945 日本放送協会大阪中央放送局のラジオのディレクターであった父親が職場を解雇され(戦意高揚ドラマに意見を言ったのが原因と言われている)、東京世田谷の実家に移る。その後すぐ千葉県の親戚の家に疎開し、終戦を迎える。
1946 世田谷の代沢小学校に転入後、担任の先生に勧められ文集のカットを描く。また、新聞に描かれた清水崑の政治漫画の切り抜きを始める。
1949 世田谷区富士中学校へ入学。以降、映画の好きな同級生と月に2、3回映画を見に行くようになる。絵を描くのに夢中で、勉強は全然できなかった。
1952 東京都立千歳高校入学。同級生と、似顔絵で構成した漫画「西遊記」を描く。友人からソール・スタインバーグの画集をかり全ページを模写。先生の似顔絵で時間割表を作ったり、学園祭では舞台の構成・演出を担当したり、創作活動に夢中に。ヘルベルト・ロイピンやドナルド・ブルンに惹かれ、ポスターを作る人になりたいと思った。
1954 ディズニーのファンクラブに入る。
1955 多摩美術大学図案科入学。杉浦非水に学ぶ。大学1年の終わり頃、興和新薬の蛙のカットコンクールに応募、一等賞をとる。賞金3万円でカメラを買う。
1957 第7回日宣美展で「夜のマルグリット」のポスターが日宣美賞を受賞。これをきっかけに似顔絵と、TVコマーシャルのアニメーションの仕事依頼が入る。
1958 第8回日宣美展でレコードジャケットのデザイン数点を出品し、奨励賞受賞。日本専売公社より、車内吊りポスター「各人各煙」を依頼され制作。一度電通に内定したが辞退し、ライトパブリシティに就職する。卒業制作では、詩人・野上彰の詩集のブックデザインをする。
1959 ライトパブリシティに入社。日活名画座ポスターを9年間無料で制作(~1969年)。このポスターをきっかけに、雑誌「マンハントの」ハードボイルドの挿絵を描くことになる。NHK子ども番組の制作を依頼され、中原収一、小薗江圭子らと、宮沢賢治の『オッペルと象』をテーマにアニメ制作。日宣美展で「アメリカ映画史講座」ポスターが入選し、日宣美会員となる。
1960 コンペにて、たばこ「ハイライト」のパッケージデザインが採用される。初めての自著「21頭の象」を出版。映画「乾いた湖」(監督・篠田正浩)のタイトルデザインを手がける。東洋レーヨンの広告がADC年鑑の銀賞を受賞。
1961 NHK「みんなのうた」で、「ビビディ・バビディ・ブー」「ねこふんじゃった」など多数を制作。動画とライブの音楽をシンクロさせる画期的なアニメを作り、草月「ミュージック・イン」の番外編として上映。替え歌を作るのに月給4万円の時代に17万円のピアノ購入。
1962 たばこ「ピース」の雑誌シリーズ広告を土屋耕一(コピーライター)と共に制作開始。第4回雑誌広告賞の2部門で入賞する。日活名画座ポスターと草月ミュージック・インのポスターがADC賞銅賞受賞。
1963 高橋睦郎と共に、自費出版絵本の制作を開始し(第1号「がらすのお城」)、1966年までに6冊刊行。雑誌『漫画読本』の表紙デザインを手がける(写真・篠山紀信)。
1964 「アニメーション三人の会」(久里洋二、柳原良平、真鍋博)に依頼され、短編アニメ映画「殺人!MURDER」を制作。後に第19回毎日映画コンクール大藤信郎賞受賞。横尾忠則、宇野亜喜良とともに東京イラストレーターズ・クラブ設立。川路重之「山太郎」がラジオ・ミュージカルになり2曲を作曲する。
1965 雑誌「話の特集」のアートディレクターを担当し(~1995年)、表紙に横尾忠則を起用。「映画の共に」連載をもつ。
1966 『吉行淳之介軽薄対談』で似顔絵を描き始め、現在の手法を確立。
1967 天井桟敷第2回公演「大山デブコの犯罪」で寺山修司の詩に曲をつける。
1968 ライトパブリシティを退社し、独立。青山に事務所を構える。「週刊サンケイ」の表紙の似顔絵を担当する(~1973年)。
1969 日本宣伝美術会展審査員に選ばれる。審査中、学生たちが乱入し日宣美騒動となる。寺山修司制作レコード「初恋地獄篇」作曲を担当。演出家の藤田敏雄と出会い、ピンキーとキラーズのリサイタルで、10分のショー構成・演出を手がける。後に吉永小百合、デューク・エイセスなどのショーを手がける。雑誌「週刊サンケイ」の似顔絵などが評価され第15回文藝春秋漫画賞受賞。初の個展「PEOPLE~和田誠肖像画展~」を開催。
1970 羽仁進監督の映画「恋の大冒険」のタイトル・アニメーション/作詞を手がける。レコード「眠りの国」(作詞・高橋陸郎、編曲・八木正生、唄・岸洋子、装丁・山城隆一)を自費出版。市川崑監督人形劇「プペドン」の人形デザインをする。
1972 平野レミと結婚。
1973 キネマ旬報の連載エッセイ「お楽しみはこれからだ」が第1回キネマ旬報読者賞を受賞。
1974 似顔絵集「PEOPLE」(美術出版社)が第5回講談社出版文化賞(ブックデザイン部門)を受賞。山本益博が企画して、和田誠寄席(紀伊國屋ホール)を行い、新作落語4編を上演。
1975 長男誕生。「お楽しみはこれからだ」(文藝春秋)の出版が始まる(~1997年/全7冊)。自作の陶器(ライオン)が報知新聞社主催の報知映画賞のトロフィーになる。
1976 「ポスターランド」(講談社)出版。個展「和田誠スクリーン・グラフィティ」開催。
1977 雑誌「週刊文春」の表紙イラストとデザインを担当する(~現在)。
1978 「和田誠百貨店」(美術出版社)出版。大林宣彦監督「金田一耕助の冒険」オープニングアニメーション制作。
1979 次男誕生。映画「ジョルスン物語」のスーパーインポーズ(翻訳)をかってでる。個展「和田誠百貨展」「週刊文春20周年・表紙原画展」開催。
1981 小説新潮連載・丸谷才一『あゝ文士劇』で第12回講談社出版文化賞さしえ賞受賞。
1982 「ビギン・ザ・ビギン〜日本ショウビジネス楽屋口〜」(文藝春秋)を出版、第9回角川書店日本ノン フィクション大賞受賞。個展「絵皿展」開催。シアターアプル自主公演のポスター制作を担当(~1998年)。
1983 長男との共著「親馬鹿子馬鹿」(講談社)を出版。映画「麻雀放浪記」のシナリオを書き始める。
1984 映画「麻雀放浪記」を初監督し、第9回報知映画賞新人賞受賞。自らがデザインしたトロフィーを受け取る。第5回山路ふみ子文化財団特別賞を受賞。
1985 「新人監督日記」(角川書店)を出版。個展「スクリーン・グラフィティ」開催。
1986 沖縄の珊瑚礁保護をテーマに、海洋学者キャサリーン・ミュージックと「エリセラさんご」(リブロポート)出版。
1987 アニメーション「怪盗ジゴマ音楽篇」で、監督、絵、作曲を担当。
1988 映画「快盗ルビイ」で、脚本、監督、挿入歌の作詞作曲を担当。第31回ブルーリボン賞監督賞受賞。
1989 「オフ・オフ・マザーグース」(筑摩書房)を翻訳。その後、CD化。120人に1曲ずつ歌ってもらう(作曲=櫻井順)。
1990 葛飾区シンフォニーヒルズのポスター制作を開始(~2002年)。個展「THE DICTIONARY」開催。
1991 日本のポスター100展に参加。個展「3D」開催。
1992 個展「JAZZ」、「灘本唯人・宇野亜喜良・和田誠・山口はるみ展」開催。毎日新聞の書評欄「今週の本棚」の挿絵を担当(~2017)。
1993 著作100冊記念パーティ開催。オムニバス映画「怖がる人々」の脚本、監督、挿入歌の作詞作曲を手がける。個展「装丁・挿絵・原画展」開催。自著「銀座界隈ドキドキの日々」(文藝春秋)が第9回講談社エッセイ賞受賞。
1994 幅広い活動が評価され第42回菊池寛賞受賞。絵本「そらをとんだたまごやき」(文・落合恵子)が第41回産経児童出版文化賞受賞。版画家・山本容子に版画を習う。
1995 「ことばの波止場」(白水社)出版。個展「旧約聖書」「STAMPS」開催。
1996 短編映画「ガクの絵本」の脚本、監督を手がける。絵本「ねこのシジミ」(ほるぷ出版)が、第3回日本絵本賞受賞。個展「シンフォニーヒルズプログラムアー ト展'96」開催。小学校各学年国語の教科書上下巻の表紙、目次を手がける。
1997 TVドラマ「三番テーブルの客」を演出。個展「旅」「SING」「時間旅行」開催(時間旅行展は第43回毎日デザイン賞受賞)。
1998 山本容子&和田誠展「2人のシネマ」開催。個展「和田誠シネマパレス」開催。三谷幸喜との連載対談「これはまた別の話」(キネマ旬報社)が第26回キネマ旬報読者賞受賞。
1999 映画「真夜中まで」の脚本、監督を手がける(2001年公開)。個展「JAZZ2」「ガクの絵本」開催。
2000 麻殖生素子氏と二人展「マザーグース軸装展」開催。
2001 個展「文学者たち」開催。安西水丸と二人展「NO-IDEA」開催。
2002 第23回日本宣伝賞山名賞受賞。新文芸坐で長編短編全7作品を上映する「和田誠デイ」開催。個展「映画監督」開催。
2003 安西水丸と二人展「ON THE TABLE」開催。個展「ガクの絵本」開催。
2004 個展「舞台ポスター展」「舞台から銀幕へ」開催。
2005 安西水丸と二人展「ON THE TABLE 2」開催。個展「和田誠シネマランド」「和田誠のグラフィックデザイン」「旅」「和田誠の絵本の仕事」開催。
2006 安西水丸と二人展「PARTNERS」開催。絵本「どんなかんじかなあ」が第11回日本絵本賞受賞。個展「今年は漫画だ」開催。
2007 安西水丸と二人展「ことわざバトル」「AD-LIB」開催。個展「装丁版下大公開」「旅」開催。
2008 週刊文春のカバー展「表紙はうたう」開催。個展「LAST SCENE」開催。
2009 安西水丸と二人展「AD-LIB2」開催。個展「和田誠映画館」「和田誠 絵★本★館」「挿絵原画大公開」開催。特別展「銀座界隈隈ガヤガヤ青春ショー~言い出しっぺ横尾忠則~灘本唯人・宇野亜喜良・和田誠・横尾忠則4人展」開催。
2010 安西水丸と二人展「AD-LIB3」開催。個展「宮澤賢治童話の挿絵展」開催。たばこと塩の博物館で特別展「和田誠の仕事」開催。
2011 HBギャラリーにて「東日本大震災チャリティーイラストレーションコーナー」開始。安西水丸と二人展「AD-LIB 4」開催。個展「OSCAR」「和田誠展書物と映画」開催。
2012 安西水丸と二人展「AD-LIB5」開催。個展「和田誠ポスター展」「連続模様」「24頭の象」開催。エッセイ「いつか聴いた歌」をもとに同名CDを制作(2017年までに3枚制作)。
2013 個展「和田誠」「OSCAR II」開催。安西水丸と二人展「AD-LIB 6」開催。第2回東京装画賞ホール・オブ・フェイム受賞。
2014 「映画史Part2ミュージカル映画の世界」展で、コレクションするオリジナル版のミュージカルポスターを公開。東北ツリーハウス観光協会に参加、シンボルマークを担当。個展「ひとコマ漫画」「画家群像」開催。安西水丸と二人展「AD-LIB7」スペース開催。「Book Covers in Wadaland 和田誠 装丁集」により著作200冊刊行達成。
2015 個展「ひとコマ漫画II」開催。第44回日本漫画家協会特別賞受賞。
2016 グループ展「村上春樹とイラストレーター佐々木マキ、大橋歩、和田誠、安西水丸」ちひろ美術館(東京・練馬)に出展。個展「青い河馬」HBギャラリー開催。
2017 個展「ものがたりの絵」開催。担当した「週刊文春」の表紙絵が2000枚を迎える。
2018 ドリームズカムトゥルーのCDジャケットのイラストを担当。
1936 Born in Osaka prefecture. He grows up in Tokyo.
1959 Graduated Tama Art University

Awarded

1955 The illustration contest of Kowa Shinyaku Co..Ltd Prize
1957 The JACC Prize: a poster "MARGUERITE DE LA NUIT"
1965 The Ofuji Noburo Prize at the Mainichi Film Contest for a short animation film "Murder!"
1969 The Bunshun Cartoon Prize for a magazine’s front cover "Shukan-Sankei"
1973 The Kodansha Publication Culture Prize (book design division) for a portrait book "PEOPLE"
1981 The Kodansha Publication Culture Prize in the illustration category for a book "Alas Bunshigeki" written by Saiichi Maruya
1982 The Kadokawa Shoten Japan Non-fiction Prize for a book "Begin the Begin"
1984 The Houchi Film Emerging Director Prize for the first directed movie "Majan Hourouki (Mahjong Wandering Diary)"
1988 The Blue Ribon Ribon Prize for the 2nd directed movie "Kaitou Ruby" (Ruby the Thief)
1993 The Kodansha Essay Prize foe a book "Ginza Kaiwai Doki Doki no Hibi"(Pit -a-Pat Life in the Ginza District)
1994 The Kikuchi Kan Prize in recognition for a wide variety of achievements
1997 The Mainichi Prize for an exhibition "Jikan Ryokou" in Tokyo
1998 The Japan Children book Prize for a children book “Neko no Shijimi”
2000 The Japan Advertising Award Yamana Prize
2005 The Japan Children book Prize "Donna kanjikana" written by Chinatsu Nakayama

Work

1965 Attended a magazine "Hanashino Tokushu" as an art director
1969-1973 Painting a front cover of a magazine "Shukan-Sankei" (AD: Ikko Tanaka)
1977-2017 Painting and designing a front cover of a magazine "Shukan-Bunshun"

Filmography

1965 Making a short animation film "Murder!"
1984 Making the first movie "Majan Hourouki (Mahjong Wandering Diary)" and won the Houchi Film Emerging Director Prize
1987 Making a short animation film "Kaitou JIGOMA — Music edition"
1988 Making the 2nd movie "Kaitou Ruby" (Ruby the Thief) and won The Blue Ribon Ribon Prize
1993 Making the 3rd movie "Kowagaru Hitobito" (Frightened People): Omnibus movie)
1996 Making a short movie "Gaku no Ehon" (Gaku's picture book)
1997 Staging a TV drama "The customer of the table No.3"
2000 Making the 4th movie "Myonakamade"(Around the Midnight)